SEO対策といえばWebサイトの構築、運営に置いて重要なものですが、ロングテールキーワードもその1つだといえます。

ロングテールキーワードのメリット


SEO対策におけるロングテールキーワードは、検索される数が少ない組み合わせのことで、具体性のある意図に基づく検索に使用される単語の組み合わせと説明できます。単発のキーワードはビッグワードと呼ばれていて、検索範囲が広く検索結果も膨大になりがちです。

・ターゲットを絞って対策ができる
その点、ロングテールは絞り込む形で使用されますから、ユーザーに対して的確なSEO対策ができるというメリットがあります。ニーズが狭いのでアプローチできる層は確かに限られますが、その分ターゲットを絞って対策することができます。

・検索上位に表示されやすくなる。
メリットは他にも競合が少なくなること、検索上位に表示されやすくなることが挙げられます。いわゆるコンバージョン率のアップが望めますし、ターゲットにアプローチする為の記事、コンテンツが制作しやすいのもメリットです。

ロングテールキーワードのデメリットはある?


ただし、アプローチできる可能性のあるユーザーの母数が少ないこと、記事をより沢山制作しなければいけないといったデメリットは否定できないです。
何を書くべきか、どういうコンテンツを制作するべきか見通しやすいということは、同じことを考えている人がいる可能性が高いことも意味します。つまり、競合の絶対数は少ないものの、直接的に競合するライバルがあらわれる可能性は高まるということです。

ロングテールキーワードを使う際のコツ


記事に書くことが大体決まってきますから、いかに競合と差別化して価値あるコンテンツを制作できるかがコツとなるでしょう。ロングテールキーワードは、より早く使用した記事を制作した方が有利になるので、ある意味でスピード勝負です。狙い目のロングテールを見つけたらすぐに記事を制作して量産する、それこそがまさに基本的な戦略となります。

ある程度記事が量産できたら、今度はビッグワードを使って記事を制作します。そしてそれらをリンクで関連づけることによって、ビッグワードの記事のSEO対策が強化される結果に至ります。

このようなSEO対策は戦略の1つとして活用されていますし、これなしにサイトを強化するのは難しいでしょう。

基本的な戦略の流れとしては、テーマを決めて使えそうなキーワードを絞り込み、それを使って記事を量産という形です。特にブログの運営者にとってはこのやり方が有効ですし、競合が多くて困っている人にとって朗報となり得ます。

記事を差別化するというコツはありますが、独自性のある記事を書くことができれば優位に立てるはずです。