SEOコンテンツ対策とは何か?どんなメリットや効果があるの?!

SEOコンテンツ対策とは、日本語では検索エンジン最適化のことを意味しています。コンテンツSEOとは、一般的にはグーグルやヤフーなどといった検索エンジンでキーワードを検索した時に、ランキングの上位に表示されるように対策することを指しています。現在の日本では検索エンジンシェアの約7割ほどをGoogleが占めている特徴があります。SEO対策を行うといえば、Googleの検索アルゴリズムに対応することが中心と言えるでしょう。 

コンテンツマーケティングの基本的な手順としては、内部対策と外部対策としてコンテンツ対策の大きく分けると三つの種類に分けられます。内部とは自社のウェブサイトのHotmailやCSSなどのソースを認識されやすい構造や記述にすることとなります。基本の内部対策は、ページタイトルやタグ要素にキーワードを含めます。外部対策の基本は外部サイトからのリンクを調査することであり、低品質サイトからの大量のリンクはペナルティを受ける可能性もあるため注意が必要です。 

SEOコンテンツ対策とは何か

SEOコンテンツ対策のメリットやその効果としては、自然検索からの流入数が増えることが挙げられます。自然検索とは検索サイトで広告エリア以外に表示される検索結果のことを指していますが、ここで上位に表示されるの、下位に表示されるのかはクリック率に大きな違いが出るでしょう。そして広告費を抑えられることもメリットのひとつです。SEOコンテンツ対策は、出向費や媒体費がかかることはありません。広告費をかけずに集客のチャンスを広げることが可能です。そして見込み度の高いユーザーを獲得できることです。SEOコンテンツ対策では、関連性の深いキーワードや潜在顧客が検索するかもしれないキーワードによって、上記に表示されるように対策をします。そのため関心を持ち検索するような見込み度の高い顧客をWebマーケティングに多く集客することができるのです。これにより競合他社との差別化をはかれます。 

とはいえデメリットもあるのが実情であり、それはコンテンツの偏りです。さまざまなメリットがありましたが、コンテンツを書くときにその成果を追い求めるがあまりに、顧客にとってわかりにくいコンテンツになってしまったり、本来では求めているのとは異なるコンテンツを作る可能性も考えられるでしょう。ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツを蓄積することによって、将来的には検索エンジンからの高評価に繋がるかもしれません。