SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、自社サイトを検索エンジン上で上位に表示させ、ユーザーの流入数を増やすものです。会社のホームページやブログで検索流入数を増やしたい方にとっては、必ず覚えておく必要があります。そんなSEO対策を行う上で、特にSEOコンテンツの施策をすることにより、どのようなメリット・デメリットがあるのかを紹介していきます。 

SEOコンテンツ対策のメリットとデメリットとは

広告宣伝費を抑えれる 

SEOコンテンツ対策をすることによって得られる大きなメリットは、広告費用を抑えられることです。企業にとって、広告費用は予算の中でも非常に大きな費用であり、この費用を抑えることができるのはありがたいことです。そのため、企業は優秀なSEOライターを採用することが多いです。 

また、SEOで上位表示された場合、クリック率がリスティング広告よりも高い傾向があります。リスティング広告では継続コストがかかってしまいますが、SEOの場合大きなアップデートが起きない限り、管理する必要がありません。そのため、リスティング広告に比べて圧倒的にコストを抑えることが可能です。 

資産となる 

SEO対策のために作成したコンテンツは、削除しない限り半永久的に残り続けます。そのため、ユーザーが求めるコンテンツを盛り込んでいれば、ある程度管理をしなくても自動的に顧客が入ってきます。サイト内により質の高いコンテンツを仕掛けておけば、サイトへの流入数が増加していきます。その為、SEO対策のために作成したコンテンツは長い目で見たときに更にサイトの資産としての価値を見出してくれます。 

すぐに効果は現れない 

SEOコンテンツ対策は大きなメリットが期待されますが、それらの効果が発揮されるまで多くの時間を必要とします。上位表示されるまでには、数日、数週間では難しく数年単位で取り組んでいく必要があります。しかし、上位表示されるかどうかはカテゴリーやコンテンツのトピックによって大きく違いが出るのが現状です。 

例えば、カジノボーナスなどの「オンラインカジノサイト」の場合は人気上昇中のトピックの為、競合が数多く存在するため上位表示されるまでには時間を必要とします。 

反対に、「宇宙旅行」のような記事の場合、そこまでネット上に競合が存在しないので短時間で上位表示を目指すことができます。 

このようにSEOコンテンツ対策にはメリットとデメリットがあることをしっかり把握し、上手にSEO対策を取り入れていく事が大事なポイントなってくるでしょう。