ローカルSEOのためのコンテンツマーケティングの種類

インターネットを使った宣伝は、検索エンジンを意識したSEOをする事が前提となっています。自身がどんな商品やサービスを展開していたとしても、宣伝しなければ誰にも知られません。そして宣伝にはお金を掛けるもの以外に、検索エンジン対策という頑張ればなんとかなるものもあるのです。また、今どきネットもやってないのか、と言われるような世の中ですが何でも世界中に発信すればいいというものでもありません。たとえば地域密着のサービスであれば世界はおろか日本中に宣伝する必要もないわけで、やり方の切り分けが必要なのです。

ローカルSEOのためのコンテンツマーケティングの種類

マーケティングの初歩ですが、ターゲットをしっかりと意識する必要があります。地域、狭い都市を対象とした宣伝をしたいのなら、ローカルSEOを意識しましょう。ブログやソーシャルメディアを立ち上げてコメントを配信するにしても、タグなどで地域を指定することは可能です。指定するというより、見ている人が検索するであろうキーワードを使ってターゲットを絞り込むのです。コンテンツが狭いほど消費者のターゲット層も狭いですが、誰でもいいから告知するというよりは、元から絞り込んだ方が打率が高くなります。ある県のある地方の人しか来られない医院などが分かりやすいところで、沖縄のクリニックを北海道に宣伝しても意味がないですし、それは他の地方でも同様なのです。

SNSにおける配信は、ローカルSEOにおいても強力な手段となっています。厳密には管理している人にしか分かりませんが、いわゆる被リンクという概念がSEOにはあり、かねてより頑張って付与していた被リンクは今やSNSでの日々の配信でも可能になっているのです。つまりつぶやくごとにリンクを添えておけば、それだけで被リンクが増えると考えればやるだけやってみようという気持ちになるのではないでしょうか。

SNSを使えるのならば忘れてはいけないのが動画です。文字より画像が効果的であり、画像より映像が効果的なのは一般認識から分かることでしょう。videoを添えて配信することにより、通常より多くの視聴者が宣伝に注目してくれるのです。もちろんvideoを作る事は簡単ではありませんが、昨今の隆盛により比較的安価で簡単な宣伝videoを作ってくれる人は増えています。流行すると手を付ける人が増え、スキルを持っている人が増えると競争により単価が下がっていくのは宿命です。これらを上手く利用して、SNSでvideo配信してSEOの威力を上げてくのが上手いやり方を言えます。