SEOとコンテンツマーケティングのそれぞれの意味は異なります。違いを知ることで、サイト運営を得意にすることができるようになるので、ここではその違いを紹介します。 

コンテンツマーケティングは、価値がある高品質な情報を提供して見込み顧客を引き付ける方法です。ネットを活用することが一般的になるにつれて、ネット上には様々なサイトが乱立するようになっています。中には中身のないサイトも少なくなく、そうしたサイトは見込み客を引き付けることができません。しかし、価値ある情報を提供する高品質なサイトであれば、しっかりと遡及することができるようになるので、これからのサイト作りはコンテンツマーケティングを意識したものである必要があるでしょう。 

SEOは、自分のサイトが検索結果の上位に表示させるための技法です。確かにSEOコンテンツ対策の一つとして、コンテンツを充実させるという方法がありますが、あくまで目的は上位に表示させることになります。コンテンツマーケティングはどちらかというとすでにある程度、サービスや商品について知っている見込み客からのコンバージョンを獲得することを目的とするコンテンツ手法ですが、SEOは検索エンジンで検索するまだ見込み客とは言えない層を取り込むことも目的としています。両方ともに通っているものの、このように明確に分けられる別の概念です。したがって、サイト運営で取り組む目的に合わせてそれぞれの対策を講じましょう。