コンテンツ管理システムとは

コンテンツ管理システムとは、専門知識が無い方でも簡単にウェブサイトを作成し、運用管理できるシステムのことを指します。CMS(Contents Management System)とも呼ばれるシステムで、このシステムを利用することで従来ウェブサイトの構築に欠かせなかった「HTML」や「CSS」といったマークアップ言語を習得していない方でも、ウェブサイトを作成してコンテンツを配信可能です。また、複数人での作業にも強いという特徴もあり、必要に応じてアクセス権限を付与することで安全にウェブサイトの運営が可能となります。 

さらに、ウェブサイトを運営するのであれば、検索エンジンからのアクセスを集めることが重要となりますが、CMSはSEO対策にも非常に有効です。SEO対策とは、検索結果における上位表示を狙うための施策のことを指しますが、CMSを活用することでHTML構造や内部リンクなどが最適化されるので、検索エンジンから評価されやすいサイトを構築できます。その他にも、CMSには豊富なテンプレートが用意されていることが多く、テンプレートを利用することでサイト全体に統一感を持たせることが可能となるとともに、大事なホームページのデザイン変更も非常に簡単に行えます。 

コンテンツ管理システムとは

以上が、コンテンツ管理システムの概要と導入するメリットとなりますが、最も代表的なシステムがワードプレスです。ワードプレスは、現在最も利用者数が多いCMSで、オープンソース型のシステムであるため誰でも無料で利用できます。もともとはブログコンテンツ向けのプラットフォームとして開発されたシステムでしたが、現在ではブログだけではなく幅広いウェブサイトの構築に利用されており、ウェブ上の約30%近くのサイトがワードプレスによって構築されています。 

加えて、テンプレートやプラグインが豊富なのもワードプレスの特徴のひとつです。テンプレートには有料のものもありますが、無料のものも豊富なのでコストを抑えながらサイトを構築することができます。また、プラグインとは機能を拡張するためのプログラムのことで、テンプレート同様に有料のものと無料のものがありますが、プラグインをインストールすることでウェブサイトに様々な機能を持たせることが可能です。 

なお、ワードプレスは利用者数が非常に多いコンテンツ管理システムであるとともに、オープンソースとなっているため、不正アクセスの標的にされやすいというデメリットがあります。そのため、常に最新のバージョンを保つとともに、パスワードの強化やセキュリティ用プラグインの導入などの対策を行うことが大切です。