ウェブサイトのコンテンツを書く!ステップ・バイ・ステップ・ガイド!

ウェブサイトのコンテンツを書く場合、どのように進めることが適切でしょうか。ウェブサイトと言ってもその目的とか運営主体は様々です。個人が純粋に自分の趣味で行うような場合、率直に言えばやりたいようにやっても別に構わず、このようにしなければならないといった規則などはないとも言えます。ですが、よほど暇でお金も時間も有り余っているというような人であればともかく、何のためにそのサイトを立ち上げるのかの目的はあるはずで、それを達成したいと思っているはずです。ですから、まずはそれを明確にすることから始めるのが良いと考えられます。逆に言えば、何をしたいのかとか何を達成したいのかがよく分かっていないような人は、しっかりと考えることからスタートすべきです。

ウェブサイトのコンテンツを書く!ステップ・バイ・ステップ・ガイド

目的が明確になれば、もちろんそのためどうすれば良いかということになるのですが、ここでゼロから考え始める必要はありません。ちょっとずるいやり方かもしれませんが、競合他社のリサーチを行う手があります。自分と似たようなことをやりたいと思っている会社や個人は他にもきっといるはずで、そのサイトを見てインスピレーションを受ければ良いのです。

間違ってもらっては困りますが、これは他のサイトを丸写ししてくるとかコピーするといった意味ではありません。それは盗作であって犯罪行為になります。そうではなくて、あくまで構成とかデザインや内容といったものを学ばせてもらうと受け止めて下さい。

また別の観点になりますが、自己満足でウェブサイトを作るのではなく誰かに見てもらうことが主な目的の場合、潜在的な顧客というかオーディエンスがいるはずです。顧客のことを考えるというか、彼らが見たいページとはどのようなものか、どんなサイトであればこちらの思ったとおりの使い方をしてくれそうかなど、相手方の視点に立って考えることも重要なポイントになります。こちらが見せたいものばかり押し付けるような考え方ではうまくいかないことが多いものです。これと類似した点ですが、SEO対策とかキーワード対策、あるいはCTAといった部分にも注意しておきましょう。ポータルサイトでキーワード検索をした場合に、自分のサイトができるだけ上位に来るように最適化を図ることをSEOと呼びます。またCTAとはCall To Actionの略であり、サイトを訪れた人に例えば資料請求とかメルマガ購読など何らかのアクションを起こしてもらうための要素を指します。