これからコンテンツマーケティングを成功させたいと思っているのであれば、ユーザーファーストで、ユーザーがどのようなことを求めているのか、その情報を記事コンテンツに盛り込んだ上で、誰にでもわかりやすい文章で作成したり提示しなければなりません。闇雲にコンテンツを作成したからといっても、ユーザーの共感は得られるはずがありません。これでは検索エンジンの評価も上がらないでしょう。

コンテンツマーケティングの書き方を解説!

そもそもコンテンツマーケティング記事にはいくつかの種類があります。目的に応じて使い分ける必要があります。その1つ目がエジュケーショナルタイプと呼ばれ、商品を売り込む前にユーザの疑問や悩みを解消するものです。2つ目がSEOコンテンツタイプと呼ばれるもので、これは積極的に検索上位を目指す方法に当たります。3つ目がネイティブアドタイプであり、これはメディアに自然な形で広告を溶け込ませる手法で、商材に合わせた記事コンテンツを広告として用意し、読者層に読ませることに制約を目指します。4つ目がユニークコンテンツタイプと呼ばれるもので、ユーザの関心を惹きつける方法で、集客力の1番高い方法と言えるでしょう。このように種類があり、目的に合わせて使い分けた進め方をする必要があるでしょう。ユーザーに読まれる記事を作成しなければ、コンテンツマーケティングの効果を得ることができません。どのようにすれば読まれる記事を作成することができるのかと言うと、いくつかの段階を踏んでいく必要があります。

まず第一段階として、ユーザの検索意図をツールを使い取得し把握するようにしましょう。検索意図は検索の理由と目的のことを指していて、これらを把握する方法はいくつかあります。検索上位サイトからユーザーのニーズを推測したり、ユーザーのニーズを共起語から推測するなどの方法です。そして第二段階としてWebマーケティングからの検索ユーザの目を引くタイトルと構成を作成しましょう。求めているキーワードがタイトルに含まれていなければユーザはその記事を読む事はありません。ブログタイトルが長すぎると省略されてしまうため、32文字以内にターゲットキーワードを設定する必要があります。その後リード文で記事全体の方向性を示し、見出しを見ただけで内容がわかる構成が大切です。見つめにユーザファーストの記事を作成することです。長文よりも一文理解できる文章の方が利便性が上がるので、過不足のな表現を使い可能な限り文章を削っていきます。要点ごとに見出しを作ることで、読みやすさをさらにアップすることでしょう。