新しい集客手段の1つとして注目を集めているものとして、コンテンツマーケティングが挙げられます。またの名をWebマーケティングということもありますが、これから始めようと考えている初心者の場合には、何を目的にコンテンツマーケティングを行うのか、明確に回答できない人も多いものです。

初心者のためのコンテンツマーケティング 7つのポイント

自社の顧客になってくれるようなターゲットに対し、コンテンツを発信した上で、見込み顧客から実際の顧客へと育成するための手段となります。短期的な売り上げに直結する対策ではないため、中長期的に取り組む必要があるでしょう。 このようなコンテンツマーケティングには、成功させるための7つのポイントがあります。その1つ目にあげられるものがコンテンツ生産リソースの確保です。継続的に配信することが大前提となり、安定して生産できるリソースを揃えておくことが大切です。

そしてペルソナの設計が2つ目です。方向性を決定づけるものがペルソナであり、マーケティング業界においては象徴的な利用者上と解釈されています。ターゲットユーザをより具体化した人物を作り上げることにより、その行動パターンやニーズをより明確にすることができるのです。3つめがニーズの洗い出しであり、ターゲットユーザーを把握することができたら、そのニーズを洗い出します。どのような問題を抱えているのか、どのような情報を欲しているのか、ペルソナの行動パターンや趣味などから洗い出します。4つ目が対策キーワードの選定です。SEOを意識する場合には、適切なキーワードを選定することが大切です。

それに沿って作られたコンテンツは検索ユーザに見てもらえる確率が高まるでしょう。5つ目がユーザを意識したコンテンツの作成です。キーワードを選定することができたら、どのような切り口であれば読んでもらえるのかを考えた上で、コンテンツを作成します。6つ目にソーシャルメディア上で拡散されやすいように工夫をします。拡散性の高いSNSにはFacebookやTwitterなどが挙げられ、それぞれのSNSの運用は最低限行うべきと言えるでしょう。

最後に7つ目がコンテンツマーケティング 効果測定ですが、ユーザの反応をしりマーケティング戦略に取り入れた上で、改善していくものです。効果測定は確実に行うことが求められます。効果測定に利用するべきものとしては当然GoogleアナリティクスやFacebookページインサイト、エゴサーチなどが挙げられます。サイト内でどのような行動しているのか、何のキーワードで流入しているのかを確認することができ、確実に導入すべきといえます。