コンテンツライティングとは?

コンテンツライティングは、ネット上に文章を書く技術であるWebライティングの一種です。ここでいうコンテンツとは、検索などでWebサイトにたどり着いた閲覧者に提供する有益な情報のことです。上手にコンテンツを書くことで、閲覧者に繰り返し読みたい、続きを読みたいという気持ちを抱かせることができます。 

企業や店舗が運営するWebサイトの場合には、商品・サービスに関する説明やお得な情報を書くことで閲覧者に購入・契約を促すことができます。また、世間に知られていない企業やブランドの場合には、コンテンツライティングをすることで知名度・認知度を高めることにも役立ちます。このことからコンテンツライティングは、Webマーケティングコンテンツの一種とも言えます。  

コンテンツライティングとは

そんなコンテンツライティングを書くときの基本的なポイントですが、大事なのは誰をターゲットにするのか決めることです。例えば女性向けのファッションブランドがブログを運営するとしたら、掲載するブログコンテンツは商品を購入してくれる女性がターゲットです。ただし、女性と言ってもブランドごとに年齢層が変わってきますから、そこも合わせる必要があります。 

それから、文章の構成も意識しておくべきです。文章はただ長ければいいというものではなく、閲覧者の心理を考えたほうがいいです。インターネットは手軽に情報を収集できるツールですから、Webサイトやブログを閲覧するときにも手っ取り早く内容が理解できることを望みます。なので、前置きから結論、その理由という構成にするよりも、最初に結論やコンテツの大まかな概要を最初に書いておくほうがいいです。概要を最初にする方法をSDS法、結論を先にする方法をPREP法と言い状況に応じて書き方を変えていきます。 

コンテンツライティングの効果を高めようと思ったら、SEOコンテンツ対策も重要です。閲覧者を増やすためには、まず検索で上位に表示されなければ気が付かれません。SEOコンテンツ対策では、執筆するコンテンツの内容にあった検索キーワードの選定、なおかつ競合がなるべく少ないほうが有利です。そして、コンテンツの質を高めることことや、頻繁に更新をしていることなども重要になります。その際には、ほかのWebサイトやブログのコピーにならないよう気をつけましょう。そういった施策をしても、閲覧者が増えないというのであれば、文章を練りなおす事が必要です。 

結論 ファーストのコンテンツで構成する

結論 ファーストのコンテンツで構成する

コンテンツライティングを行うのであれば、結論ファーストの構成を心がけるべきだと言えます。そもそも、コンテンツライティングとはSEOを意識した戦略です。結論ファーストな文章は読者が読みやすい記事と評価されるので、SEO対策のために必要不可欠だと理解しておきましょう。

言葉からわかる通り、結論 ファーストとは結論が先に来る構成を指しています。結論 ファーストで最初に提示しておけば、読者は記事の前半を読んだだけで結論を把握することが可能です。一方で、最後に言いたいことが来てしまう場合は後半まで読み進める必要があり、読者に対して不親切な内容だと言えるでしょう。結論ファーストであることはわかりやすく明快な文章であることの証なので、ライティングの際に実施するようにしてください。

記事作成 手順としてはペルソナ設定、キーワード選定、コンテンツ作成と一般的な方法と同じです。コンテンツ作成の際にPREP法やSDS法を意識しておくと、結論ファーストで執筆できるようになります。PREP法は結論・理由・例・結論の順番で書いていく方法であり、SDS法では要約・詳細・要約という順番で書いていきますが、どちらを選んでも最初に結論を提示することが可能です。今までこうした書き方を意識していなかった人は、慣れない書き方に戸惑って構成が上手くいかない可能性が高いと言えます。PREP法やSDS法を用いれば自分で構成を決めなくても順番に従って当てはめていくだけで良いので、構成ミスを引き起こさずに済むでしょう。

SEO対策を十分に行いたいのであれば、結論ファーストでコンテンツをつくることが大事です。これから新しく書くものはもちろんですが、既に書いているものがこれに当てはまらない場合はリライトしておくことをおすすめします。

わかりやすく明快な文章で読者に寄り添ったライティングを意識する

わかりやすく明快な文章で読者に寄り添ったライティングを意識するのは、読者にとって親切な書き手に必要な注意点です。コンテンツライティングとは、対策キーワードを使用し検索エンジンに評価される文章を作成するのが重要です。コンテンツライティングとは、記事作成 手順や見出しそして言葉選びに注意をします。わかりやすく明快な文章とは、簡素な文章とも言えるのが特徴です。必要な対策キーワードを効果的に入れて、わかりやすい見出しをつけます。記事作成 手順を考える事で、効率よく記事の作成が可能です。簡素な文章以外に読者の興味をひく言葉選びに注意をするのがポイントです。コンテンツライティングとは、読者の悩みを解決するのが主流になります。対象となる人物を設定するのが、記事作成 手順で大事です。

わかりやすく明快な文章で読者に寄り添ったライティングを意識する

対象者を設定し、そこから内容をふくらませていくのが手順になります。マーケティングにつなげるには検索エンジンに評価されるのが大事です。そのためには見出しと簡素な文章で構成するようにします。読者にとって親切な記事は、自分に寄り添う内容である事とわかりやすい構成で書かれている事です。検索ワードに該当する以外に、そこから派生した情報があると評価されます。対策ワードは多く入れすぎず、適度な数をいれると親切な文章になるのが特徴です。言葉選びは重要で、対象者の年齢や性別等を考慮して作成します。文章が長い場合は見出しで必要な情報を見つけやすくするのがポイントです。読者が検索したワードと関連した内容である事はもちろんですが、読者にとって親切な文章を心がけます。検索エンジンに評価されるのは、読者にとって親切なだけでなく役立つ情報が記載されているからです。